モブ茂が生きる

モブ茂が生きます

[ニートのママチャリ逃避旅]32日目 右往左往

北の内陸が1番寒い

昨日は駅で寝ました。

今日も苫小牧を目指して南下していきます。

やはり山間部は冷えますね。

limit-3℃の寝袋を買ったと思ってたんですが6℃でした。

f:id:mobusige:20181031135533j:image

どゆこと。


f:id:mobusige:20181031135529j:image

最初から持ってきてたやつ。

 

でも2つ重ねて使えばなかなか暖かいのでセーフ。

 

f:id:mobusige:20181031023832j:image

朝は霧がすごい。

 

この辺りめちゃくちゃ寒いです。

肌が出てるところが痛い。


f:id:mobusige:20181031023835j:image

天塩川


買い物を終えて自転車の鍵をかけようとした時、


f:id:mobusige:20181031140058j:image

 

落ちた

 

しかもガッチリ閉じられてるタイプの溝。

外れかかってたやつをドライバーでこじ開けたぜ。


f:id:mobusige:20181031140104j:image

できる範囲で元には戻しました。


f:id:mobusige:20181031140228j:image

確かに迷彩の車いっぱい走ってた。

 

信号待ちのトラックの運ちゃんにおにぎり頂きました。

f:id:mobusige:20181031140256j:image

サンキュー!

 

32日目の知恵

風呂の隣にスーパーがあったので閉店直前に行って半額のお惣菜を買ってホクホクしてました。

栄養不足は半額のお惣菜で解消されるのです。

後は手頃なバス停を見つけて飯食って寝るだけ。

 

バス停に小屋がない

 

今日はあと小屋さえあれば完璧だったのに。

士別市はバス停に小屋がない。

ここテストに出るよー。

 

そこそこ街だからなのか結構周ったけどない。

でも2週間北海道を旅してる男を舐めてもらっては困る。

こういう時は街を出ると小屋付きのバス停があるのだ。

自ら暗闇に走るのは怖いがここで踏み出せる者が人生を制するのだ。

勇気を振り絞りその一歩を踏み出すのだ。

 

小屋がない

 

勇気と無謀を履き違えてはいけない。

かと言って小屋無しでは寒くて眠れない。

地図を見ると北剣淵駅が近いことがわかったので向かって見る。

昨日同様暗闇の中に駅が突然出てくる。


f:id:mobusige:20181031140259j:image

まだ使われてるよね?

f:id:mobusige:20181031140219j:image

待合室

ボロい


f:id:mobusige:20181031140243j:image


f:id:mobusige:20181031140236j:image

時刻表チェック

 

電気が無いのでなかなか怖い。

 

f:id:mobusige:20181031184406j:image

角に置かれてる謎の本が怖い。


f:id:mobusige:20181031184402j:image

全部お菓子の本だった、めちゃくちゃ怖い。

 

でも1番怖いのは誰も居ないはずの待合で人影を見た地元の人なんだよな。

 

ボロくて風も入ってくるのでここにテントを建てて寝ることに。


f:id:mobusige:20181031140302j:image

もう日も変わってしまった。

 

 

本日の移動距離75km(写真撮り忘れた)